保健師 志望理由

保健師の志望理由

保健師の転職のポイントとして、面接時に必ず聞かれるであろう志望動機をどうするべきか?というのが気になるところですよね。どの職業でも気になるところですが、かなりの緊張感から、考えてきたフレーズが飛んでしまったりなどの経験をしたこともあるのではないでしょうか。

 

実際に仕事のスキルなんてものが非常に高かったとしても、履歴書を上手に書く事ができなかったり、志望動機なんてものを上手に説明できない。また自己PRなんてものが得意ではないという場合には、採用される可能性は残念ながら、不採用ということになってしまうでしょう。性格の面も大きく影響してくることとは思いますが、面接や面談の場が苦手であり、自分をコントロールできない人間というのは、どうしてもディスアドバンテージを持っていると言わざるを得ませんね。

 

保健師の場合でも、一般的な企業とそこは一緒です。特に産業保健師を目指している場合には、数々の新入社員や中途採用などの社員の面接を行なっている人事担当が面接に当たることが多いわけですから、しっかりとしたアクションを起こすことが必須になってきますよね。転職希望である場合には、前職で行ってきた仕事のせいかなども、一緒に報告していくというところも大きなポイントではないでしょうか。

 

保健師の仕事の中心である健康相談業務であったり、健康指導なんてものでは、目につくような具体的な成果と呼べるようなものは報告しづらく、なかなかアピールできないというのが現実にありますよね。製造業や開発などであれば、自分のアイデアが商品化したなどの経験があれば、それを報告できますが、そういった業務ではないですからね。

 

保健師の仕事の目的は、たとえばその担当するエリアに住む住民の健康増進であったり、健康管理や予防や対策という部分に集約されると言えます。ですから、成功事案などをアピールするのはなかなかに難しい。さらにいえば、志望動機というもので、どれくらいに差をつけるかという部分であったり、どうしてもその職場で働きたいという理由をつけていくかという部分でもなかなかにアピールすることが難しいですね。

 

しかしこれらのポイントをしっかりとアピールできないと、正直いって転職成功につながることはないといってもいいでしょう。そこで利用して欲しいのが、転職支援サイトです。転職支援のプロであるキャリアコンサルタントが、履歴書の書き方から、面談の対策までしっかりと指導してくれますから、これらのことが苦手だという人間は、特に利用していきたいサービスですよね。

保健師求人サイト人気ランキング