保健師 精神保健師

精神保健師とは?

精神保健師は、1997年に誕生した精神保健福祉の領域の国家資格です。まだ新しくできたばかりの国家資格であると言えるでしょう。今私たちが生きている現代では、医療が発達して、以前は治療に時間がかかる疾患であったり、確実に死に至ると言われていたガンに関しても、早期発見をすることで、治療回復の確率が上がってきている時代ですよね。肉体的な医学が進歩している一方で、精神的なケアを求められるような時代になっています。

 

インターネットなどの普及により、情報を獲得することがとても容易になり、情報が溢れている時代です。このことで多様な価値観が錯綜する時代になってきました。ですから人間関係などに代表する、心の問題というものが年々増加してきているんですよね。

 

たまたま心の病を負ってしまったことで、さまざまな障害を抱えた人々に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていたというのが、日本の状況だったんですね。近年になってやっと、関係法の改正などにより、ようやく精神障害者も同じ一市民として地域社会で暮らすための基盤整備が図られることとなりました。

 

そこで需要が高まってきたのが精神保健師という職業なんですね。日本で国家資格化したのは、1997年ですが、実は精神保健師という職業は、1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職であると言われているんですね。社会福祉学というものを、学問の基盤にして、精神障害を抱えている人間の生活問題や、社会問題を解決するための援助や、社会復帰に向けての支援活動を通じ、患者さんが通常の生活を取り戻せるように努めていくのが仕事になります。

 

精神保健師の職場としては、まずは医療機関です。単科の精神病院であったり、総合病院の精神科などがそれにあたります。他にもさまざまな生活支援機関などでも需要が高いですね。地域生活の支援サービスを主とする施設での需要はかなり高いと言えます。他にも福祉行政機関です。さらには司法施設。心神喪失状態で重大な他害行為を行ってしまった精神障害者の社会復帰に向けて、活躍をしているのも精神保健師の大事な仕事のひとつになっているのです。

 

ちなみに現在の精神保健師の資格取得者は58000人程度となっています。今後ますます需要が増えていくことが予想できることから、持っていると転職にはかなり優位になる資格であると言えるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング