保健師 キャリアアップ

キャリアアップできる保健師の職場

保健師として就職先を考えたときは、行政機関、学校、企業、病院、老人ホーム、児童相談所など多岐にわたり、それぞれ保健師に求められる保健活動が異なっています。

 

病気の患者を看護する目的の看護師とは違って、病気を予防して健康を守るという大切な役割ですが先が見えづらい課題に対して、対象者1人1人にあわせた方策を考えていかなければならないのです。

 

保健師はさまざまな知識を活用しながら相談業務を行う反面、他の業務も多いので、どんなことを勉強したり技術を身につければ良いかが具体的にわからない人が多く、キャリアアップしようと思っていても難しい場合が多いようです。
しかし、中には日々の保健師の業務に役立てようと産業カウンセラーをはじめとして、健康運動指導士、衛生管理者やケアマネージャーなどの資格を取る等してキャリアアップを目指す保健師もいます。

 

産業カウンセラーは、働く人が抱える不安や悩みの相談にのり、心身ともに健康で働くことができるように導けるようにケアを行うことを専門的に勉強します。具体的には心理療法やカウンセリング、所属している部署や、上司や人事とも調整して、復職へのサポートを行ったりするノウハウを学んでいきます。

 

最近は不安定な雇用や成果主義の風潮、人間関係などで強いストレスやプレッシャーを受けて勤務している人が多いとされていますので、メンタルヘルスケアを保健師に求めるケースが増えていますので、このような資格は実用的だといえるでしょう。

 

また、健康運動指導士は、保健所や保健センター、老人ホームなどで病気予防や健康増進のために、安全で適切な運動方法を個々の体力や生活に合わせた形で提案していく資格になります。
保健師として勤務している中で、地域の住民や患者の健康維持増進は重要な課題となっていますので、運動の方法もしっかり指導できることの需要が高まっています。

 

そして衛生管理者は労働安全衛生法に基づいた健康診断の実施や健康面を考えた労働条件、労働環境などの必要に応じた改善、感染症などの衛生対策などを管理することができる資格になります。
職場で働く人たちが健康で、安全に仕事ができるような労働環境を考えていくことができますので、企業などで保健師をしている場合は、大変役に立つ資格といえるでしょう。

 

このように保健師に関わるキャリアアップの方法は沢山ありますが、どうしても日々の仕事や仕事の環境でできない場合は、専門の転職サービスを利用して、キャリアアップしやすい環境の職場に転職するという方法もありますので、まずは問い合わせてみてください。

保健師求人サイト人気ランキング