保健師 訪問業務

保健師の訪問業務

保健師の重要な業務内容のひとつに、家庭訪問という業務が存在しています。主に家庭訪問を行う家庭というのは、新生児や乳児が存在している家庭の方。また一人暮らしの高齢者の方。そして育児について悩みを抱えているような方などは、やはり保健師の家庭訪問対象になりえるわけですね。

 

つまりは地域住民の方と直接にコンタクトを取れる機会があるということなんですね。これがあることによって、保健師の人間もやりがいというものがあると言えるのではないでしょうか。

 

ただし近年では、個人情報保護法の関係もあって、家庭訪問というものに対ししても、すんなりと受け入れてくれないというところがるようなんですね。たとえば家庭の中を他人には見られたくないであるとか、子育てはそれぞれの家庭で色があるというような固定観念の持ち主なんてものであれば、当然に垢の他人には介入されたくないというのが本音の部分であるということは間違いないでしょう。

 

たとえば一人暮らしの老人というシチュエーションの場合は、なんとしても避けたいのが、誰にでも気がつかれず、なくなってしまうという孤独死ですよね。これを防ぐことも、行政保健師の大事な仕事のひとつであるといえますよね。また家庭訪問を嫌がる家庭というのは、隠した何かを持っていることが多いわけです。これは児童虐待などをしている家庭が多く、こういった家庭ははっきりいって、家庭訪問を拒否することが多いと言えるのですよ。

 

連絡というものをしても、まったくそれに応じてくれないような家庭や、メールなどをしても、まったく反応が悪いというような家庭の場合には、やはり家庭訪問をせざるを得ないというのが現実問題としてあるわけですよ。もちろん法律上の問題でさまざまなアクションを起こしていく必要はあるわけですが、重大ば事件が起こる前に家庭訪問などを通し、さまざまなん問題を解決に導くということも保健師の大事なアクションである言えるわけですよ。

保健師求人サイト人気ランキング