保健師 在職中 転職活動

保健師転職<※地方都市>

保健師が転職する場合は、地域によっていろいろな条件が異なる場合が多くなります。特に田舎に行けばいくほど保健師の求人の数は少なくなり、東京などの都市部に近いほど保健師の求人数も多く、さらに給与面を含めていろいろな条件が良くなる傾向にあります。

保健師の多くは公務員として働く行政保健師ですが、行政保健師は公務員として都道府県や地町村に勤務しているので、給与面ではそれぞれの地域の公務員に準じたものになり、各種手当も福利厚生もそれぞれの規定が用いられることになります。したがって、当然東京などの都市部になれば給与を含めいろいろな面で優遇されることになり、地方では都市部よりもいろいろな面において条件が悪くなることになります。

さらに地方で保健師の転職をする場合には都市部と比べるとかなり大きなデメリットがあり、それは産業保健師の求人が圧倒的に少なくなるということです。行政保健師の場合は必ずそれぞれの地域に保健所もあれば保健センターもあるので、保健師が働くことができる職場は少なからず存在しています。しかし地方に行けば大手企業が少なくなり、特に田舎にいけば大きな企業が全く存在していないところも多くなります。今では企業にも医務室などが設けられるところが増えていて、そうなることで保健師が働く場所が増えることになりますが、医務室を設置する企業というのはある程度従業員が多い大手企業ということなので、必然的に田舎では産業保健師の需要が都市部よりも少ないということが言えます。もちろん企業で働く保健師は医務室勤務だけではないので、田舎には産業保健師の求人が全くないということではありませんが、それでも都市部と比べると求人が少ないことは間違いのない事実となっています。

地方で保健師の求人を探す時には保健師の転職サイトを利用することがおすすめです。保健師の転職サイトは、特定の地区にしか対応してないものもありますが、多くの保健師の転職サイトは全国をカバーしているので、地方で保健師の求人を探す時には、そのような転職サイトを選んで利用することで、地方でも複数の保健師の求人情報を見つけることができるようになります。

転職サイトでは都市部や地方に関わらず、専任のコンサルタントが付いて丁寧なサポートを行ってくれるので、保健師の求人をなかなか見つけられない地方の保健師は、転職サイトを利用して希望の職場を見つけるようにして下さい。

保健師求人サイト人気ランキング